葬儀にかかる費用は意外と高額です

お葬式には高額な費用がかかってしまうことが多いと言えますが、実際にどれぐらいかかるのかということまでは知らないという人も多いでしょう。それは、実際に自分が喪主になってお葬式を行う機会というものが多くないからであり、人生ではじめて喪主という立場に立たされるというケースが多いからだと言えます。ただ、ある程度年齢を重ねた人であれば、お葬式に参加する機会も多く、親戚や知り合いなどから葬儀費用の情報を得る機会もあるでしょうから、おおよその相場を知ることもできるかもしれません。しかし、比較的若い人の場合だと、お葬式の経験が少ないため、費用に関してもよく見当が付かないという場合が多いでしょう。ここでは、お葬式にかかる費用は意外と高くなってしまうということや、高額な費用を抑える方法について紹介します。

広告に表示された金額だけが全てではない

お葬式にかかる費用を知りたい時は、葬儀社の広告などを見て参考にする場合が多いと言えますが、その際、注意すべきことがあります。それは、広告に書かれているプラン料金だけがお葬式全体の費用ではないということです。このプラン料金というのは、あくまでも「お葬式本体にかかる費用」だけを指すものであるため、その他にも、通夜などで振る舞われる料理の費用である「飲食接待費用」や、読経をしてもらった僧侶へ渡す「お布施」の費用もかかってしまいます。平均的な本体費用は120万円程度だと言われていますが、飲食接待費用は35万円程度、そしてお布施は45万円程度かかるのが相場だと言われているため、総額にすると200万円程度かかってしまうというわけです。ですので、広告だけを参考にして考えている場合は、実際の費用総額が意外と高くなってしまうと感じることもあると言えるでしょう。

高額な費用をできるだけ抑えるためには

お葬式の平均的な費用総額は200万円程度と言われているため、かなり高額だと言えますが、それを安くする方法もあります。最も効果的な方法は、「お葬式のプランを、高いものから安いものに変える」ということです。一般的なお葬式のプランよりも1ランク安いものとしては、小規模に行う「家族葬」と呼ばれるものがあり、葬儀本体費用を50万円程度に抑えることができます。他にも、通夜を省略する「一日葬」は本体費用が30万円程度で済みますし、火葬のみを行う「火葬式(直葬)」であれば20万円程度が相場になります。その他の方法としては、プランの内容を精査して、いらないものを省くという方法があると言えるでしょう。さらに、無宗教で行うことによってお布施で渡す分の費用(45万円程度)を節約するといった方法もあります。

費用から様々なプランをご用意しておりますので皆様のライフスタイルに合ったご葬儀をお選び頂けます。 当社は皆様が求める様々なオプションをご用意させて頂いております。 当社は昭和38年9月に設立致しました。 急なご葬儀が必要になってしまったお客さまでもしっかりと対応させていただきます。 一級葬祭ディレクターが当社は県内最多の在籍を誇ります。 心温まる葬儀は昭和セレモニーで