気になる葬儀費用の相場はこれくらい

葬儀をする時に一番心配なのは、どれぐらいの費用がかかるのかということでしよう。故人をちゃんとした形で見送りたいと考えるならば、それなりに高い費用をかけて行う必要がありますが、あまりに高すぎると費用を用意できなくなってしまいます。それに、お葬式の費用というのは高くなりがちで、十分な貯蓄がある場合ならある程度高い費用をかけることもできますが、あまり貯蓄がない場合はできるだけ安くしたいと考える人も多いでしょう。しかし、お葬式のプランにはさまざまな種類があり、高いものから安いものがあるため、予算に応じて選ぶことも可能です。ここでは、一般的なプランで行った場合の費用相場や、それ以外のさまざまなプランで行った場合の相場について分かりやすく紹介します。

一般的な費用相場はどれぐらいか

一般的なお葬式を行う場合の費用相場は、全国的にみると総額で200万円程度だと言われており、大変高額だと言えるでしょう。その内訳は、葬儀そのものにかかる費用である「本体費用」と、通夜などで料理を振る舞う費用などを指す「飲食接待費用」、そして僧侶へ渡すお布施である「寺院費用」の3種類に分けることができます。それぞれの費用相場については、本体費用が120万円程度で、飲食接待費用が35万円程度、そして寺院費用が45万円程度だと言われており、本体費用が最も高くなります。この本体費用は、主に葬儀社へ支払う費用を指すものであり、プラン料金として表示されている場合が多いと言えるでしょう。また、飲食接待費用は、参列者の人数によって変動するという特徴があり、寺院費用は、宗派等によって違う場合があると言えるでしょう。

さまざまなプランの費用相場とは

一般的なプランの本体費用の相場は120万円程度と高額だと言えますが、それよりも安いプランというものも存在します。安いプランとしてまず挙げられるのは「家族葬」と呼ばれるもので、身内だけの小規模なプランになります。家族葬の本体費用の相場は50万円程度だと言われているため、一般的なプランよりも安く利用することができますし、参列者が小規模になる分、飲食接待費用も安く抑えることができるでしょう。そして家族葬より安いプランとしては、お葬式を一日で済ませてしまうという「一日葬」と呼ばれるものがあり、30万円程度が相場になっています。さらに最も安いプランとしては、全ての儀式を省略して火葬だけを行う「直葬(火葬式)」と呼ばれるものがあり、20万円程度が相場となっているため、費用を格安に抑えることができるでしょう。