葬儀の費用が高額になりがちな理由

お葬式には、100万円や200万円といった高い費用がかかるのが普通です。大規模なものだと200万円もかかることがありますし、中規模なものでも100万円をこえることが珍しくありません。そして、最近需要が増えていると言われている小規模なものでも50万円程度かかってしまいます。このように数十万円や100万円といった金額を一度に用意するのは、一般の家庭では大変なことであるため、ある程度のお金を貯蓄などで用意しておく必要がありますが、経済的な理由から、それも難しいという場合もあるでしょう。そこで疑問に思うのが、そもそもなぜ葬儀費用はこんなに高くなってしまうのかということです。ここでは、日本の文化に関する理由や、お葬式のシステムによる理由、そして、比較的安いお葬式プランについて紹介します。

なぜ葬儀費用は高くなってしまうのか

お葬式の費用が高くなってしまう理由としては、「日本の文化的な背景」によるものがまず挙げられます。かつての日本では、兄弟が多かったため、多くの兄弟によって費用を分担することができました。そのため多少高い費用でも一人当たりにするとそれほど大きな負担にはならなかったということがありますし、香典による収入も多かったため、全体の費用も軽減することもできました。しかし現在では、兄弟が少ない場合が多いため、一人当たりの負担も増えて、費用そのものが高く感じる場合もあるということが言えるでしょう。そして「お葬式のシステム」も、費用が高くなってしまう理由の一つになっています。葬儀社へ支払う費用には、さまざまな業者への外注費用(生花や仕出し、ギフトなど)も含まれているため、一度に提示される金額が高くなってしまうということです。

一般的なものより安いプランについて

お葬式の費用は、ある程度高くなってしまうのが普通だと言えますが、最近では、安いプランのものも多くあるため、できるだけ安くしたい場合は安いプランを選ぶとよいでしょう。例えば、参列者を身内だけに限定して小規模に行う「家族葬」であれば、50万円が相場になるため、100万円を超えるような一般的なものよりは安く済ませることができるでしょう。そして家族葬よりも安いプランには、葬儀を一日で済ませるという「一日葬」があり、30万円程度で行うことが可能になります。さらに最も安いプランとしては、通常の儀式をやらずに火葬だけを行うという「直葬(火葬式)」があり、20万円程度が相場になります。また直葬は、安いものだと10万円のものからあるため、一般的なプランの10分の1程度の費用に抑えることが可能でしょう。