葬儀の費用を抑えるコツを紹介します

お葬式を行うときは、いったいいくらかかるのかという費用面を重視したり心配したりする人も多いでしょう。全国平均で見ると、葬儀全体に必要な費用は200万円前後かかると言われているため、一般の人にとってはかなり大きな出費になると言えます。ですので、あらかじめ貯蓄などをして費用を用意しておくことが必要になりますが、経済的な事情などによりそれもできないという人もいるでしょう。また、貯蓄がある場合であっても、できるだけ無駄な出費は避けたいと考える人も少なくないでしょう。お葬式の費用は、安い場合でも数十万円程度かかることが多いため、ある程度の出費は避けられないと言えますが、できるだけ安くできればそれに越したことはありません。ここでは、費用を安くするための方法として、安いプランを選ぶという方法や、その他の方法について紹介します。

安いプランを選んで費用を抑える

お葬式の費用は200万円前後が平均的だと言われていますが、そのうち最も高いのは葬儀社へ支払う費用である「基本費用」であり、120万円程度かかるのが相場だと言われています。この基本費用は、プラン料金のことであるため、安いプランを選ぶことで費用を安く抑えることが可能です。最も安いプランとしては、火葬のみを行う「火葬式(直葬)」と呼ばれるものがあり、20万円程度という格安の費用に抑えることができます。その次に安いプランとしては、お葬式を一日で完了させる(通夜を省く)という「一日葬」があり、30万円程度が相場です。さらに、参列者を身内だけに絞って小規模に行うという「家族葬」は、50万円程度が相場だと言われており、最近都市部において需要が高まっているプランになります。

費用や安くするためのさまざまな方法

費用を安くするためには安いプランを選ぶということが最も効果的だと言えますが、その他にも安くする方法がいくつかあります。まず挙げられるのは、「無宗教で行う」という方法です。一般的な仏教式で葬儀を行うと、読経をしてくれた僧侶にお布施(45万円程度が相場)を渡さなければなりませんが、無宗教で行えばその必要はありません。次に挙げられる方法は、「公営斎場や、集会場、または自宅で行う」ということです。お葬式というと民間の斎場で行われるのが一般的だと言えますが、公営斎場や集会場なら利用料を安くすることができますし、自宅で行えば場所代は一切かかりません。また、プランの内容に関しては、「祭壇や棺桶などは安いものを選ぶ」ということも費用の節約に役立つと言えるでしょう。